ローンの基本




まず、主婦のローンは可能かどうかというお話しについてです。毎日多くの主婦の方がローン申請をされますが、ローン審査が通るかどうかはその方の属性によって大きく左右されます。これは主婦かどうか関係なく全ての人が同じです。

主婦といっても、それなりの収入があれば、ローンは可能です。ローン会社や消費者金融業者は安定した収入があるかどうかを始めとしたいろいろな属性で融資の判断をしますから、どこかに務めていているのであれば収入としての要件は一応満たしているといえるでしょう。

ここでいう"収入の安定"に給料の多い・少ないはあまり関係ありません(多いにこしたことはないですが)。継続して収入を得ているかどうか、この点が注目されるわけです。従って、正社員でなく、パートやアルバイトの立場でもローン審査が通る場合は結構あります。


問題は専業主婦の場合であって、専業主婦だと収入の源泉は全て夫にあって、自分の可処分所得がない、もしくは極めて少ないという判断をされてしまいます。

これはローンやキャッシングの一般的なお話しですが、属性としては既婚者よりも独身者の方が優遇される傾向が強いです。なぜなら、独身者の方が可処分所得(自由に使えるお金)が多いからですね。このあたりが、ローン、キャッシングにおける属性の信用と一般社会の信用が異なる点です。



主婦のローンで失敗しないために TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。