ローンの基本A




主婦、とりわけ専業主婦の場合、ローンやキャッシング審査の際の属性はどうなるのでしょう?

残念ながら、専業主婦の属性はあまり良いとはいえません。一般的な属性の有利性で考えるなら、独身>既婚で所得有>既婚で所得なし(専業主婦が該当)の順にローン適正を判断されます。

『専業主婦には自分名義の収入がない=自由に使えるお金がない=ローンを通しても返済が滞る可能性が大きい』という判断をされてしまいます。

さらに最悪なのは、返済が滞った場合に取るべき有効な対処法が見つからないという、ローン会社にとっては絶対に避けたい局面が簡単に想定できてしまうことです。

ローン会社も慈善事業でお金を貸しているわけではありませんので、その辺りに対するリスク判断は非常にシビアです。

では、専業主婦はローンが申し込めないのかというと、実際はそんなこともありません。多くの専業主婦がローンを組んだり、消費者金融からキャッシングしています。

大体の場合、夫を保証人に立てることでローンは通ります。キャッシングもしかりです。しかし、夫にナイショでローン・・・となると、少々後ろめたいこともしなくてはいけないかもしれません。

例えばナイショで勝手に夫を保証人にしてしまうとかですね。ローンの申込書を持ち帰り、字体を変えて夫のハンコをつく・・・この作業自体はそれほど難しいことではありません。が、大きな問題もあります。ローンの保証人確認のTELがほぼ間違いなく入ることです。



主婦のローンで失敗しないために TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。